仕事辞めたい新卒の転職活動とは。1年目、2年目,3年目、20代も必見

仕事辞めたい。新卒の転職活動は珍しくない!? 約30%が3年以内に離職します

転職OK

 大卒新卒の約30%が、3年以内に離職をすると言われています。おそらく、ほとんどの大学生は、新卒内定を得たその瞬間、「長く働こう!」と言う気持ちを抱くことでしょう。しかし、そんなやる気に満ち溢れているとしても、約30%の大学生は、内定を得たときの志は実らず3年以内に離職を経験することになるのです。
多くの人は、離職を考えるのと同時に転職を考えるわけですから、「新卒の約30%が、3年以内に転職活動を経験する」と捉えることができます。つまり、決して「新卒の転職活動」は珍しくないのです。

 

 

■新卒が転職活動失敗→フリーターはよくある構図…

 

 「自分は大丈夫」と思っていても、新卒が転職活動に失敗してしまってフリーターになってしまう例はよくあります。
転職活動に失敗してしまった場合、「転職活動を続けながら、内定が決まるまでフリーターをする」と計画を立てるパターンが多いようです。しかし、間違った転職活動を進めるままでは、いつまでたっても自分が描く内定を得ることはできません。 

 

 

■転職エージェントの利用が、転職活動成功への近道となる

 

 転職をしたいと考えた場合、転職エージェントを利用することで、効率的に転職活動を進めることができます。
転職エージェントを利用して得られる1番のメリットは、面談を通して条件などを提示した後、最適な企業を紹介してくれるというところです。また、面接対策・履歴書添削など、転職活動において有益なサービスを、様々な角度から受けることができます。もちろん、新卒転職希望者の多くが、転職エージェントを利用していますよ。

 


転職エージェントを通した選考は、採用率が高い!?

転職でバリバリ仕事

ハローワーク・転職サイトなどは、条件さえ合えば、誰でも選考を受けることができます。結果として、多くの人が選考を受けることになるため、採用される可能性は低い傾向にあります。
一方、転職エージェントは、「この人なら推薦できる」という場合のみ、選考を受けることができます。つまり、転職エージェントを通した選考は、採用率が高いと言えます。
「転職サイトを利用しても採用されない… でも、転職エージェントを利用したら、あっさりと採用が決まった」ということはよくあります。転職エージェントは無料で利用することができるので、転職を考えている場合は、積極的に活用してみたいものです。

 

 

 

 

 


■私も新卒のときに転職エージェントを利用しました!

転職でバリバリ仕事

私は、23歳のときに、転職を決意しました。どうしても興味のある業種があり、諦めることができなかったからです。
当時の私も、「転職活動=転職サイトを利用する」と言う一択のみに捉われいたため、転職エージェントを利用すると言う発想がありませんでした。その後、転職活動を進めていく上で、転職エージェントの存在を知ったのですが、それが大正解でした。
1時間以上に渡る丁寧な面談・アドバイス・履歴書の添削など、「こんなサービスを無料で受けていいの?」と思えたほどです。ちなみに、転職採用をする企業側から考えても、「転職エージェントを介した人材は当たりの確立が高い」とのことです。実際に私は、転職エージェントを利用して採用を得た企業で、長きに渡って勤めることに成功しています。

 

 


転職エージェントを利用して適職を見つけた友人の話

転職でバリバリ仕事

 

 

 私の友人も、新卒の状態で転職エージェントを利用し、転職活動に成功した経験の持ち主です。その友人は、工場勤務による疲労に嫌気が指し、一般事務職への転職を希望していました。しかし、転職エージェントで面談を受けたところ、「男性の一般事務職採用は少ないですよ…」との助言を受けました。つまり、男女平等の観点から「女性のみの募集です」とは書けないものの、実際に男性が採用されることは少ないのだそうです。
 面談を続けていくにつれて、簿記資格を取得していることに着目されたそうです。そして、「座り仕事がいいのでしたら経理職を目指してみては?」と言うアドバイスを受け、経理職を中心に探し始めました。現在その友人は、経理職として、そこまで疲労を抱えることなく、社会人生活を送っています。

 

 

■転職エージェントを利用することで、客観的に自分を見ることができる

 

 我流で転職活動を進めていると、様々な角度から自分を見つめることができなくなるものです。例えば、「俺はこの職種に転職するんだ」と考えていても、それが適正職種でなければ、採用を得ることは難しくなってしまいます。
転職エージェントを利用することで、転職活動をしている自分を客観的に見つめることができるのです。結果として、転職活動成功への近道になるのではないでしょうか。

 

 


新卒におススメの転職エージェントは、リクルートエージェント!

転職でバリバリ仕事

転職活動をするのなら、リクルートエージェントにだけは登録しておきましょう。リクルートエージェントは、転職実績や求人数がとても多いため、登録をすることで比較的簡単に転職をすることができます。
 登録もネット上で簡潔に済ますことができるので、忙しい社会人にも持って来いのシステムです。ちなみに、面談は電話でも行うことができるので、効率的に転職エージェントを利用した転職活動を進めることができるでしょう。

 

 

■リクナビネクストにも登録しておこう!

 

 転職エージェントと共に、転職サイトも利用してみるといいでしょう。確かに、転職エージェントに比べて転職サイトは、競争率が高めになってしまいます。しかし、時間の合間を利用して、転職サイトを見てみると、自分に合った求人を見逃す確率をより減らすことができるのではないでしょうか。
転職サイトの王道とも言えるのが、リクナビネクストです。リクナビネクストは、求人数がとても多い転職サイトで、毎日多くの求人が更新されていきます。また、リクナビネクストへの求人掲載料は、20万円程度とも言われています。この求人掲載料は高い分類に入り、リクナビネクストに求人掲載すると言うことは、採用に力を入れている証拠とも考えることができます。そのため、採用後にも、労働者として大切に扱われる傾向にあります。

 

 


仕事辞めたい新卒の退職準備

転職でバリバリ仕事

■退職準備 ~今働いている会社のためにすべきこと編~

 

「会社に極力迷惑をかけることなく退職をする」と言う心構えが大切です。そんな中でも、一番大切と言っても過言では無いのが、「早めに辞める報告をする」ということです。
会社を辞めると言うことは、会社にとって迷惑な行為となります。例えば、引継ぎ一つにしても、新卒の段階では理解できないほどの面倒な作業であることもあります。また、あなたが辞めてしまうことで、誰かを雇わなければいけなくなってしまうこともあるのです。
だからこそ、早めに辞める報告をすることが大切です。早めに辞める報告をすることで、引継ぎなどの面倒な作業を、少しでも和らげることができるのです。

 

 

■退職準備 ~自分のためにすべきこと編~

 

新しい仕事に対する理解を深めておくことで、転職後の評価を上げることができます。例えば、「製造業→営業」への転職の場合、「はじめての営業職入門」的な本を読んでおくだけでも良いでしょう。もちろん、本を読んだところで、それが転職先企業にとっての利益になるとは限りません。しかし、理解しようとする取り組みが、あなたへの評価につながっていくことは間違いありません。
また、転職先企業への理解を深めておくことも大切です。例えば、転職先企業のホームページやパンフレットを読んでおくなど… せっかく、新しい企業に勤めるのですから、その企業についての理解も深めておきたいところです。